ラリマー 出雲型勾玉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絶大な人気を誇るラリマーの出雲型勾玉が
この夏、満を持して再び登場!

世界三大ヒーリングストーンであり、
カリブ海の三大宝石の一つといわれているラリマー。
その魅力は何と言っても
まるでカリブ海の空と海を
切り取ったかのような美しい模様…

ドミニカ共和国のみで産出される希少なラリマー。
ぜひこの機会に出雲型勾玉としてご覧ください。

特徴的な模様

ラリマーの多くは玄武岩などの火山性の鉱物の空洞中に形成され、ぶどうの粒のように球状に結晶が大きくなり空洞内を満たしていきます。
結晶同士が接触するほど大きくなると結晶同士の境目が模様になるため偶然にも水面のような印象に見えます。
まさに、これからの季節にピッタリの夏らしい鉱物です。

しかし成分にソーダ(Na)を含んでいるため水気には弱い鉱物です。
これからの季節、汗などをかきやすい際には、こまめに乾いた綺麗な布などで優しくふき取り、長くご愛用頂ければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加