日本のこころ
『出雲型勾玉』

勾玉とは

勾玉は古代の遺跡から多数見つかっており世界的に見ても日本や朝鮮の一部地域でしか発掘されず縄文時代にすでに作られていたことが分かっています。古くから不思議な力が宿るとされ魔除けや厄除け、悪霊から身を護るという意味で身につけられてきました。

三種の神器の一つ『八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)』
神話の時代に誕生した三種の神器は、八尺瓊勾玉、八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)の三種の宝物のことを言い、皇位継承の印とされています。

大きな緑の勾玉と小さな赤の勾玉

出雲型勾玉の歴史と特徴

歴史
日本の勾玉の歴史は約5000年前(縄文時代)からであることが分かっており、新潟地方で翡翠を素材として作られていたのに対し、出雲型勾玉は約2600年前(弥生時代)から出雲に伝わる形と言われます。出雲では玉造温泉の東側にある花仙山で取れる瑪瑙を素材として作られ始め、特にこの地方独特の濃い緑色の青めのう(碧玉)の勾玉が好評でした。
製作中の勾玉 古墳時代には玉造温泉にて作られた出雲型勾玉は数々の献上品としてはもちろん、埴輪に多く見られるようになり当時一般の装飾品としても普及し始め、また玉造温泉では古墳時代後期には勾玉作りを全国でほぼ独占していたと言われます。出雲型勾玉は出雲大社の祭祀を司る役職「出雲国造」新任の際、皇室への出雲の玉献上の儀式に使われる玉にも使用されており、現在では弊社だけが制作を受け継ぐ唯一の製造元となっています。

深緑の勾玉 深緑の勾玉


特徴
「出雲型勾玉」は、ふっくらとして丸みを帯びているのが特徴で、最も美しく均整のとれた形は、親しみが持てる優しい印象があります。そのコロンとした形は、『思いを込めやすく抜けにくい形』とされており、人生の門出を祝福するにはピッタリです。

形の由来と意味

形の由来

勾玉の不思議な形は頭の部分が日(太陽)を、尾の部分は月を表しこの太陽と月が重なりあった形は大いなる宇宙を崇拝していたとされています。
その他にも以下のような説があります。

カラフルな勾玉

月の形を模したとする説
月神のシンボル説
三日月の形を模した
月は満ち欠けを繰り返すことから生命を再生する力があるとされ、
古来より月を神様として崇めていたことから、月の形を身に着けるようになったと言われる

魂の姿を模した説
勾玉に神様や人の魂が宿ると考えられていたため

もっと見る


  • 胎児の形を模した説
    頭が大きく足のほうが小さい胎児の形を模した
    生命の始まりを意味する胎児は若さや力の象徴とされており、
    そのため呪術的な力が宿るとされていた

    動物の牙を真似した説
    昔は獣類の牙の威力を恐れていたことから、それを身につける事によってお守りとしたとされ、
    その牙で作られたペンダントの形が石に移されて勾玉の形になったと言われる

    腎臓の形を模した説
    腎臓を取り出し乾燥させると深い緑色の勾玉のような形になるため

    釣り針の形を起源にした説
    勾がった形が釣り針の形に似ているため

    魚の形を起源にした説
    魚の形に似ているため

    巴形を模したとする説
    コンマのような形をした日本の伝統的な文様の一つである巴形を模した
    陰陽を表す形、屋根瓦の模様、家紋などに見られる巴紋を模した

    玦状耳飾りの転用説
    縄文時代にドーナツに切れ目を入れたようなC字形の円環上の耳飾りが作られており、
    これが半分に割れたものを再利用した形が勾玉の祖形と言われる
    意味
    『健康を守り、身に襲いかかる災厄を除ける、強力な魔除けのお守り』
    勾玉の穴は自分を生かしてくれる祖先と繋がりを持つことによりその霊力の恵みを受けられることを意味し、我が身に降りかかる邪気・邪霊から身を守り、その恩恵を受けるとされています。

「結」の形

勾玉を2つ重ねると円を描くことから「縁結びの形」とされています。縁結びとは男女のご縁だけではなく、人と健康、人とお金、人と成功など、様々なご縁を結ぶと言われます。

「巴」の形

勾玉を3つ重ねると巴の形を描くことから「森羅万象 宇宙のすべてを包み込む」と言われています。

美保岐玉(みほぎだま)とは

箱に入っている美保岐玉

弊社では、幾度も皇室や出雲大社へ献上品製作の栄を賜りました。特に出雲大社宮司様の出雲国造(いずものくにのみやつこ)ご新任の際に宮中に献上される「美保岐玉(みほぎだま)」は健康と長寿を祈念した宝物とされています。弊社では代々この「美保岐玉」を製作しております。 松江市玉湯町近くにある「花仙山」は良質な瑪瑙の産地で、全国で唯一「青」「赤」「白」三色全ての瑪瑙が採掘できる貴重な場所であったことから昔からこの三色の瑪瑙が珍重されてきました。 美保岐玉は青石(青めのう)を勾玉で、白瑪瑙を丸玉で、赤瑪瑙を管玉で作り、それを交互につなぎ合わせて作られています。 使用している石には

箱に入っている美保岐玉

緑・青石(碧玉)青めのう / 新緑の緑を表した命の源の象徴(生命)
赤・赤瑪瑙 / 若者のように若々しく赤みをおびた顔になるような健康を願う(健康)
白・白瑪瑙 / 髪が真っ白になるまでの長寿を願う(長寿)

という願いが込められています。

美保岐玉

製作工程

※クリックすると詳細をご覧いただけます。

小割り
製作工程1:小割り

石の傷や割れを避け、勾玉の姿を思い描きながら石をひとつひとつ切断していきます。

絵入れ
製作工程2:絵入れ

石の表面に絵入れをし、勾玉の窪み部分の形を作ります。

製作工程2:絵入れの補足1 製作工程2:絵入れの補足2

ここから勾玉の形に近づけていきます。

穴あけ
製作工程3:穴あけ

穴の位置は勾玉の表情を大きく左右します。勾玉の大きさにあわせひとつひとつ穴を広げていきます。勾玉を製作する際、この穴開けが一番難しい工程とも言われています。

製作工程3:穴あけの補足

穴の中もひとつひとつ丁寧に研磨していきます。

面取り
製作工程4:面取り

滑らかな曲線を思い描きながら、大まかな角を削り落としていきます。

形仕上げ
製作工程5:形仕上げ

この形仕上げでは角張ったすべての部分を削り落とし、出雲型勾玉の特徴でもある全体に丸みを帯びた滑らかな曲線形状に仕上げていきます。

艶出し
製作工程6:艶出し

酸化クロムをつけた桐の木に擦りつけて艶を出していきます。表面はもちろん、曲線部分まで丁寧に艶出しを行います。

完成
製作工程7:完成

みなさまの「願い」や日々の暮らしが少しでも「愉しく」なることを想いひとつひとつ丁寧に手作業で製作し完成します。

勾玉職人の紹介

伝承館内観

当社は1901年(明治34年)に島根県・玉造温泉にてめのう細工の店「しんぐうめのう店」として創業。
1985年(昭和60年)には宍道湖沿いに「いずもめのう細工伝承館」をオープンしました。
昭和初期には玉造温泉内に何軒もあっためのう細工の工房も時代とともに減り、現在では弊社のみがその伝統を受け継いでいます。
現在の「いずもまがたまの里伝承館」では衰退していく手工芸に歯止めをかけ、後世に伝承することを第一に、職人養成と技術向上を行い、「出雲型勾玉」を全国で唯一継承し、守り続けています。

勾玉職人松下正一さんネームタグ 勾玉職人松下正一さんネームタグ 勾玉職人松下正一さん顔写真

めのう細工師だった父親の姿に惹かれ自らも同じ道を志すようになりました。出雲型勾玉を次の世代へ引き継ぐべく日々技術の向上に努めています。

島根県優秀専門技能者
勾玉職人恩田幸仁ささんネームタグ 勾玉職人恩田幸仁ささんネームタグ 勾玉職人恩田幸仁さん顔写真

『無心 自由 孤高』の気持ちで勾玉を作成しております。
勾玉作りの楽しさを、ぜひご体験ください。

島根県優秀専門技能者
勾玉職人村田誠志さんネームタグ 勾玉職人村田誠志さんネームタグ 勾玉職人村田誠志さん顔写真

色や形、模様、一つ一つの石の個性に出会える楽しい仕事に憧れて職人になりました。皆様にも石の魅力の奥深さをご体験いただければと思います。

島根県優秀専門技能者
FGG/ドイツ宝石学協会会員
勾玉職人津戸友里さんネームタグ 勾玉職人津戸友里さんネームタグ 勾玉職人津戸友里さん顔写真

専門学校でものづくりを学び、ものを作る楽しさを知り、ものづくりを一生の仕事にしたいと思い、めのう細工職人となることを決意しました。体験の時など、気軽に話しかけてやってください。

工房初の女性職人

めのやの勾玉の歴史

明治34年
初代・新宮福次郎が島根県玉造温泉街に「しんぐうめのう店」を創業
大正2年
大正天皇 御大典に際しての献上品の製作の栄を賜る
昭和2年
昭和天皇 御大典に際しての献上品の製作の栄を賜る
昭和23年
出雲大社宮司千家尊祀様第83代出雲国造ご新任の折、宮中に献上の美保岐玉の製作の栄を賜る
昭和40年
島根県行幸のみぎり、献上品製作および天覧の栄を賜る
昭和57年
第37回くにびき国体に行幸のみぎり、献上品製作および当店店主による製作実演の栄を賜る
皇太子殿下(現・上皇陛下)献上品の製作の栄を賜る
昭和60年
いずもめのう細工伝承館をオープン
平成2年
上皇陛下 御大典に際しての献上品の製作の栄を賜る
平成14年
出雲大社宮司千家尊祐様第84代出雲国造ご新任の折、美保岐玉の製作の栄を賜る