貔貅(ヒキュウ)の意味合い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■貔貅(ヒキュウ)とは

古代中国において、瑞獣(ずいじゅう)の一つとされてきた、大変縁起の良い霊獣の事。瑞獣には四神(青龍・玄武・白虎・朱雀)も該当し、貔貅(ヒキュウ)は四神と同格と考えられています。大きな口に、お尻のない姿は、パクパクと口を開けて金銭を食べ、蓄えることができる「蓄財」としての意味合いがあります。三国志の時代には邪悪を避ける動物として戦旗にも用いられたことから、魔除け厄除けの意味合いもあるとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加