アメトリン

ストーン画像
読み
アメトリン
和名
紫黄水晶 (シオウスイショウ)
硬度
7
恋愛・絆

概要

石の意味

自己中心的な思考を取り除き、自分と周囲への理解を助けるといわれている

豆知識

紫色の部分はアメジスト、黄色の部分はシトリンで両方の名前を掛け合わせて「アメトリン」といいます。シトリンはアメジストを加熱して黄色にすることが多いのですが、アメトリンは天然のものがほとんどです。アメジストの紫色は水晶に微量な鉄分が含まれることでなりますが、シトリンの黄色も同じ鉄分によってなるので自然の中で2色が一緒になることは大変希少です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加