鉱物と暮らしのアイデア帳

【鉱物と暮らしのアイデア帳】夜空のイベント ☆ ペルセウス座流星群 ☆~天然石に思いを込めて~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年、7月後半から8月後半にかけて活発になる
『ペルセウス座流星群』は
『しぶんぎ座流星群』、『ふたご座流星群』と並ぶ、
3大流星群のひとつで、夏の有名な流星群です。
3大流星群とまで言われるのであれば、
是非、見てみたいものですね。

というわけで、本日はこれから見頃をむかえる
『ペルセウス座流星群』を
紹介していきたいと思います。

流星群とは、いったい何なのか?…。

流星の素となっているのは、
彗星や小惑星が撒き散らしていった
氷や砂粒などの塵であるといわれています。

この塵を撒き散らす天体を母天体といい、
ペルセウス座流星群の母天体は、
スイフト・タットル彗星であることが
わかっています。
これら母天体も、ある決まった周期で
太陽の周りを公転していますが、
その軌道に沿って撒き散らされた塵が漂うわけです。

これら母天体と地球の軌道が交差している場合、
地球は1年に1回、それぞれの母天体の撒き散らした
塵のあつまりにぶつかることとなるのです。
そして、この塵が地球の引力によってひっぱられ、
地球に入ってくるときに、
大気との摩擦によって燃えて発光するのです。
流星ですね。

この流星が、毎年決まったタイミングで、
決まった場所からある程度の数が
まとまって出現するのが流星群となるわけです。

流星群には星座名がつく

決まった時期に、
決まった場所から出現する流星群…。
夜空の1点から四方八方に
放射線状に降り注がれるように見えます。
この1点は、放射点(輻射点)といわれています。

流星群には星座の名前がつけられていますが、
それはこの放射点(輻射点)に近い星座名が
冠されているというわけです。
ペルセウス座の近くに放射点(輻射点)があるから、
『ペルセウス座流星群』と呼ばれるのですね。

これら流星群には活動期間があります。
母天体の撒き散らした塵と、地球の軌道が
ぶつかっている期間になるわけですが…。
そのピークを迎える日は、極大日と呼ばれています。
極大日を迎えることによって、
より多くの流星が確認できるようになるのです。

ペルセウス座流星群はいつが見ごろ?

2019年、この『ペルセウス座流星群』が
極大となるのは、8月13日の16時~17時頃との
予測がでております。
この時間帯は日中となる為、
その前後の時間帯が見やすいことになります。
つまり、13日の深夜から14日の明け方ごろが
チャンスのようです。

しかし残念なことに、今年は8月15日が
満月となる為、このチャンスといえる14日前後も
月の光に邪魔をされてしまいます。
観測条件としては悪い状況です。

条件悪くても、なんとか見れないの?

せっかくの夜空のイベント、
あきらめたくはないです…。
なるべく空が開けて見通しがよく、
街灯などの人工の光が少ない場所を、
前もって見当をつけておくとよいです。
13日の未明3時前後であれば、月が沈んでおり、
月明かりの影響を受けにくく条件もよくなります。

また、『ペルセウス流星群』は
7月20日頃に活動が始まり、
8月20日頃に活動を終えるまで約1ヶ月、
高原状に出現数が多くなるのも特徴です。
活動期間も長いので、
8月13日の極大日ではなくても、
その前後で多くの流星が期待できます。

北東の空で「M」または「W」の文字の配列で有名な
カシオペア座の下にペルセウス座は位置しています。
ここから放射点(輻射点)を
見つけ出してはどうでしょう…。

せっかくなので、
夜空のイベント『ペルセウス座流星群』を、
あきらめることなく見ておきたいですね…。

また、ペルセウス座にまつわるギリシャ神話も
ありますので、是非、ご覧になられて下さい。
有名な登場人物が多くでてきますので、
なかなか面白いお話です。

《ペルセウス座にまつわるギリシャ神話はこちら》

刹那の流星に願いを込める…

満月や新月は、浄化するパワーに溢れていて、
私たちに大きなパワーを与えてくれる存在です。
天然石の浄化方法にも、月の光が当たる場所において
月光浴をさせるという方法があります。

《月のパワーを味方に ~満月編~はこちら》
《月のパワーを味方に ~新月編~はこちら》

そして、流星を多く見ることができる
このタイミングもまた、星が流れていく空を見ながら
壮大な宇宙のパワーを
感じることができるのではないでしょうか…。
星が流れていくのを見ることで浄化される…。
流星群は、そんな浄化パワーにも
溢れているともいわれています。
紀元前3世紀ごろから占星術があるのも、
星が持つ神秘的なパワーが、
人々に何かしらの影響を与えると
信じられてきたからではないでしょうか…。

そんな刹那の流星に願いを込めるのも大事ですね!
一瞬で消えてしまうのに、
願い事をするなんて無理だ!と思われる方も
多いと思います。
お持ちの天然石に思いを込めておき、
その天然石をもって流星に強い思いを
伝えてみるのもよいのではないでしょうか…。
流星のパワーで一緒に天然石の浄化もできますね。

宇宙のパワーは形として地球に存在する

メテオライト

和名…隕石
〈メテオライトの商品はこちらをクリック〉

宇宙より落下してきた隕石そのものの事。
その名称の語源はギリシャ語の『meteoron』で、
『空の上のもの』を意味しており、
そこから『流れ星(meteor)の石(ite)』
となりました。

メテオライト(隕石)は
大きく3つのタイプに別けられます。
金属からなる【鉄質隕石(隕鉄ともいう)】
1936年にナミビア共和国の
ギベオンで発見された『ギベオン』が代表的。
4億5000万年前に地球に落下したと考えられている。
<石の意味…ギベオン>
非常にパワフルな石で持つ人を成功に導き、
幸運を呼び、勇気と忍耐力を与え、意志を強化する

岩石からなる【石質隕石】
石質隕石は地球に隕石が衝突した際の、
強烈な衝撃と熱量により、
一度溶けた岩石や金属が急に冷えて、
固化した時に形成されたもの。
『コンドライト』が代表的。
<石の意味…コンドライト>
潜在能力の開花を手助けするといわれる

中間タイプの【石鉄隕石】
隕鉄の母体中にペリドットが点在する
『パラサイト』が代表的
<石の意味…パラサイト>
持つものの凝り固まった固定観念を破壊し、
柔軟なモノの考え方を助けてくれる。
また太陽のエネルギーを具現化したような石で、
マイナスな感情を除去してくれるといわれる。

モルダバイト

和名…モルダゥ石
強力な癒しの力、邪気払い、様々な願いを叶える
〈モルダバイトの商品はこちらをクリック〉

巨大な隕石が地球に落下したときに、
衝撃で地表が溶けて飛び散り、
その際の圧力と熱により瞬時に融解され、
空中を飛散しながら急速度で冷却して固まったもの。
テクタイトと呼ばれる天然ガラスの一種。
1430万~1450万年前に
ドイツのバイエルン州に落ちた隕石によって、
溶けた地表が飛び散り、雨のように降り注いだのは、
隕石落下地点から250kmも離れた
チェコのモルダウ川。
そして、1787年にチェコのモルダウ川の沿岸で
発見されたことから、その名が付けられました。

このときの地層から
モルダバイトが産出されているわけです。
もちろん、その量は完全に決まっているので、
採れば採るほどなくなっていくという、
非常に希少な石です。

また、隕石の影響を受けて生成されることから、
宇宙の叡智を秘めた石などとも言われています。
その中にある流理痕(りゅうりこん)は、
箸で水飴を練りまわしたようにみえる
モワモワや、気泡が独特の特徴です。

リビアンガラス

意志の力の増幅、能力を開花させる、
自分自身の力を証明する
〈リビアンガラスの商品はこちらをクリック〉

エジプトのリビア砂漠で見つかるインパクトガラス。
モルダバイト同様に、
隕石が地表へ衝突した時に作られる
テクタイトと呼ばれる天然ガラスの一種です。

約2600万年前、人類が誕生する以前の時代に、
エジプトに巨大隕石が落下。
大気中で大爆発を起こし、
そのときに砂漠の砂が溶けて液体となり、
固まったのがリビアンガラス…。
というのが一般的な説なのですが、
モルダバイトが隕石衝突の際にできたクレーターが
見つかっているのに対して、
リビアンガラスでは
クレーターが確認されていないことから、
実際のところは、
まだまだ謎に包まれている鉱物です。

モルダバイトと同じく、
このときにできたものしか地球上に存在しない、
貴重な天然ガラス。
ツタンカーメンのお墓から出土した
『スカラベ』に使用されていることでも有名です。

リビアンガラスは隕石が衝突した時の熱で、
地表が溶けてそのままガラスになったもの…。
モルダバイトは隕石の衝突で地表が溶けて、
遠くへ飛び散って降り注いだもの…。
同じ天然ガラスでも、
でき方が少し違っているのです。

月や流星から宇宙のエネルギーを授かる…

宇宙からの贈り物である隕石…。
その隕石による宇宙パワーによって、
生み出された天然ガラスたち…。

なんだか…。
『燃えろ!オレのコスモ~!』とか、
『君はコスモを感じたことがあるか?…』
ってな感じにもなってしまいそうでしたが、
違いますか?…。

(違いますね…。)

それでも、これら宇宙(コスモ)パワーを
感じとれるものを身に着けて、
天体観測するなんていうのも、ロマンチックです。

『ペルセウス座流星群』が見られるのは、
まさに今の時期。
この他に規模は小さくなりますが
『みずがめ座流星群』も、
2019年は7月30日頃に極大日を迎えるようです。
満月が近づき、パワーが満ちていくこの瞬間に、
月からのパワーと流星からのパワーを、
二重にさずかれるかも…。
そう思うと期待も高まり、素敵な気分になります。
これら夏を彩る夜空のイベントを、
是非、見ておきたいものですね。

≪その他の天体ショー記事はこちら≫
2019年10月の天体ショー 「オリオン座流星群」「りゅう座流星群」
2019年12月の天体ショー 「ふたご座流星群」
2020年1月の天体ショー 「しぶんぎ座流星群」

オリオン座 超新星爆発!!太陽が2つに…!?

《月関連の記事はこちら》
月のパワーを味方に ~満月編~
月のパワーを味方に ~新月編~
中秋の名月 ~月との関連の深い天然石『 ムーンストーン 』~

《他の星座関連の記事はこちら》
知ってました?星座で選ぶ『守護石』

星座ものがたり 第1話   牡羊座
星座ものがたり 第2話   牡牛座 前編
星座ものがたり 第3話   牡牛座 後編
星座ものがたり 第4話 『天の川銀河』
星座ものがたり 第5話   双子座
星座ものがたり 第6話   蟹座
星座ものがたり 第7話   ペルセウス座
星座ものがたり 第8話   獅子座
星座ものがたり 第9話   乙女座
星座ものがたり 第10話 天秤座
星座ものがたり 第11話  蠍座
星座ものがたり 第12話 オリオン座
星座ものがたり 第13話 射手座
星座ものがたり 第14話 山羊座
星座ものがたり 第15話 水瓶座
星座ものがたり 第16話 魚座

〈メテオライトの商品はこちらをクリック〉
〈モルダバイトの商品はこちらをクリック〉
〈リビアンガラスの商品はこちらをクリック〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加