鉱物と暮らしのアイデア帳

【鉱物と暮らしのアイデア帳】星座ものがたり 第14話 山羊座 ~星座にまつわるギリシャ神話と星座石~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
オンラインショップ担当の畑です。

星座にまつわる神話を中心に守護石となる星座石の紹介をしています。
前回は、『射手座』にまつわるギリシャ神話の紹介をしました。
本日は、黄道12星座の中でも10番目にくる『山羊座』について、紹介していきたいと思います。
12月22日から1月19日の間で、この世に生を享けた方が山羊座の生まれとなります。

山羊座の見つけ方

山羊座は夏の終わりから秋にかけての星座です。
大きな逆三角形のような形で描かれている星座ですが、3等星以下ばかりの星から構成されているため、空の明るいところで見つけるには難しいです。

しかし、空の暗いところであれば山羊座のまわりには明るい星がないので、意外と容易に見つけることが出来るのです。

夏の大三角の一角である、「わし座のアルタイル」と、秋の夜空の1等星「みなみのうお座のフォーマルハウト」を結んだ間に、ぽっかりと空いた空間があります。

この空間にペアを作った暗い星が、逆三角形を作るように3組、浮かび上がってくるのが分かります。
この3組のペアを結んだ星座が山羊座です。
この逆三角形を「パンツ」と呼んで探す人もいるようですが…。

(なんだか見付けやすそうですね…笑)

山羊座(カプリコーン) 12/22~1/19
星座石・・・ガーネット、オニキス

山羊座の守護石となる星座石も複数割り当てられております。その中でも代表的なものとして二つをあげさせていただきます。
それぞれに石の持つ意味合いを、下記にまとめております。

【ガーネット Garnet】 


和名…鉄礬柘榴石(てつばんざくろいし)
努力を実らせ、成功・勝利へと導く、信頼を得る

〈ガーネットの商品はこちらをクリック〉

【オニキス Onyx】


和名…黒瑪瑙(くろめのう)
邪念や誘惑を取り払う、意思を強くする

〈オニキスの商品はこちらをクリック〉

☆山羊座にまつわる神話☆

ギリシャ神話で、山羊座のモデルとなっているのは、『山羊のパーン』だと伝えられています。
では、この『山羊のパーン』とは一体どんな人物だったのでしょうか?…。
また、その生立ちとはどのようなものだったのでしょうか?…。
ギリシャ神話を通して、山羊座を紹介していきたいと思います。

では、始めましょう…。

山羊座のモデルとなった『パーン』は、ドリュオプス王の娘ドリュオペと伝令神ヘルメスの間に生まれました。
(このドリュオペに関しては諸説あり、ニンフ(妖精)であったとも…。)

「パーン」は、頭に山羊の角と毛の生えた尖った耳をもち、上半身は人間で下半身は山羊、足には蹄があるという容姿で生まれてきました。
獣との間に生まれたわけでもないのに、なぜこのような姿で生まれたのでしょうか?

これまでお話してきたギリシャ神話の展開から行くと、半神半人の子が生まれるという展開になると思われたのですが…。
違いました…。

(半人半獣?…)
(ギリシャ神話は不思議です。)

母親であるドリュオペは、生まれてきたわが子の姿を見て気を失ってしまいます。
また、『パーン』は生まれた時から、おじさんみたいな面構えをしていたようで、ドリュオペも乳を上げることすら嫌がり、逃げ出すほどであったとか…。

(確かに嫌でしょう…。)
(なにかのコントにありそうです…。笑)

一方、父親であるヘルメスは『パーン』をウサギの皮に包むと、オリュンポスの神殿に行き、神々にわが子を見せるのでした。
するとどうでしょう…。
多くの神々が、その姿を見て喜び、特に酒の神ディオニュソスの気に入りようは凄く、「すべて」という意味を込めた『パーン』という名を付けた程でした。

こうして、森の神でもあり、羊と羊飼いの神でもある牧羊神『パーン』が誕生したのです。

名笛は恋から生まれた

そんな『パーン』ですが、とても明るく、元気に成長しました。
同じ半人半獣であるサテュロスという仲間もでき、いつも夕暮れになると森や岩山を駆け巡り、時々、森や谷川に住むニンフ(妖精)達を追い回していました。

しかし、ニンフ(妖精)達からの嫌われようも半端なく、姿を見ただけで笑われ、逃げられる始末でした。

そんなある日、シューリンクスという名のニンフ(妖精)に目を付けます。
シューリンクスは、半人半獣のサテュロスや妖精など多くから愛されていました。

当然、『パーン』はシューリンクスを口説きに入ります。
困ったシューリンクスは、逃げ出します。
それを追う『パーン』…。
追って、追って、追いまくります!

(もはや、ストーカーです…。)

シューリンクスは川岸まで逃げてきましたが、ついに追いつかれてしまうのです。
「もう逃げきれない」と思ったとき、彼女は河の神に祈りをささげるのでした。
いよいよ、『パーン』に抱きつかれそうになった瞬間、彼女は岸辺にそよぐ葦(あし・よし)に変わってしまい、姿を消してしまうのでした。

葦(あし・よし)とは、イネ科の植物です。
本来の名前は「あし」となりますが、「悪し」に通じる忌み言葉とも考えられ、「よし」と言い換えられたとか…。
それによって、「よし」という呼び方も定着しているようです。

風にそよぐ多くの葦の中から、彼女を見つけ出すことも出来ず、一本の葦を折って手にとり、
大きく溜息をつくのでした。
すると、その大きな溜息が葦の茎の空洞に入り込み、それは美しい音色を奏でます。

『パーン』はすっかり、この美しい音色と不思議さに惹かれてしまうのでした。
そして、いくつかの葦をとり、違った長さに並べ笛をつくり始めたのです。
こうして出来上がった葦の笛には、このニンフ(妖精)の名にちなみ、『シューリンクス』という名前を付けるのでした。

楽しい宴は怪物の登場で一変

そして、いよいよ『パーン』が星座となる時がやってきます。
一体、どのような経緯があったのでしょうか?…。

ある日、天上界オリンポスの神々が地上に降りてきて、ナイル川の畔で大宴会が催されたのです。
この宴会は、太陽と音楽の神でもあるアポロンが琴を弾き、音楽の女神・ミューズたちが舞い踊る、たいへん華やかな宴だったのです。
その宴には『パーン』も呼ばれ、持っていた得意の笛を吹いて踊り、盛り上げていました。

その時です!
突然、唸り声を上げながら、宴を楽しんでいる神々に襲い掛かかる怪物が現れます。
テュフォンです!

テュフォンは星々と頭が擦れるほど、とにかく巨体で腿から上は人間と同じではあるものの、腿から下は巨大な毒蛇がとぐろを巻いた姿をしています。
その力は大神ゼウスに比肩するほどであり、ギリシャ神話に登場する怪物の中では最大最強ともいえる存在でした。

怪物テュフォンの登場によって、楽しい宴は一変、修羅場へと変わってゆくこととなるのです。

ちなみに、この怪物テュフォンは『獅子座の神話』のお話でも一度、紹介をしています。

≪獅子座の神話はこちら≫

山羊座は上半身が山羊、下半身は魚!?

突如現れた怪物テュフォンを前に、これまで宴を楽しんでいた神々は大慌てです。
その場にいた大神ゼウスも、この時ばかりは鳥となって天空へと舞い上がり、天上界へと帰っていくのです。
他の神々も鳥や魚など、思い思いの姿に変身し、逃げ出すのでした。

『パーン』も速く走るために全身を山羊の姿へと変え、一目散に逃げるのでした。
そして、ナイル川まで来ると、今度は速く泳ぐために魚に変身し川を渡ろうとしたのです。

この時の『パーン』の慌てぶりは尋常ではありません。
ナイル川に飛び込んだのですが、あまりにも焦っていたために下半身だけが魚で、上半身は山羊のままという、なんとも滑稽な姿に変身してしまったのです…。

(都市伝説!UMA 未確認生物です!!)

『パーン』は自分の変身した姿に気付いておらず、夢中で逃げますが、『バシャ!バシャ!』と藻掻くように泳ぐ姿を、天界に逃げ帰った神々は見て大いに笑うのでした。

ちなみに、神々に襲い掛かったテュフォンがどうなったかというと…。
天界に一度戻ったゼウスは、雷を手にとると再び、テュフォンのもとに向かいます。
そして雷を投げつけ、テュフォンが怯んだ隙に、ゼウスは山ほどもある大きな岩を投げると、テュフォンを岩の下に閉じ込めてしまうのでした。

この時、ゼウスが投げつけた岩が、シチリアのエトナ山になったとも言われています。
また、エトナ山が時々噴火するのは、テュフォンが地下で暴れているからだとも言われています。

話を戻します!
神々は『パーン』のこの姿があまりにも面白いので、記念にその姿を山羊座として星空に上げて星座にしたのです。
そんな訳で山羊座は、上半身が山羊、下半身は魚という姿であらわされるようになりました。

(そんな理由で星座になることもあるのですね…)

一方、星座ともなった姿を笑われた『パーン』ですが、そんな状況ですら前向きに楽しんでいたようです。

(なんとも強いハートです…)

本日は、山羊座にまつわる神話と星座石を紹介させていただきました。
占星術では、山羊座としてこの世に生を享けた方は、天性の明るさとタフな精神力が特徴としてあげられるそうです。
その持ち前の強い意志と前向きな姿勢が成功への道筋となるのでしょうね。
星座石の意味合いともピッタリきます…。

次回は黄道12星座の11番目にくる『水瓶座』の神話を紹介したいと思います。

《他の星座記事はこちら》
星座ものがたり 第1話   牡羊座
星座ものがたり 第2話   牡牛座 前編
星座ものがたり 第3話   牡牛座 後編
星座ものがたり 第4話 『天の川銀河』
星座ものがたり 第5話   双子座
星座ものがたり 第6話   蟹座
星座ものがたり 第7話   ペルセウス座
星座ものがたり 第8話   獅子座
星座ものがたり 第9話   乙女座
星座ものがたり 第10話 天秤座
星座ものがたり 第11話  蠍座
星座ものがたり 第12話 オリオン座
星座ものがたり 第13話 射手座
星座ものがたり 第15話 水瓶座
星座ものがたり 第16話 魚座

知ってました?星座で選ぶ『守護石』

≪天体ショー記事はこちら≫
夜空のイベント ☆ ペルセウス座流星群 ☆
2019年10月の天体ショー 「オリオン座流星群」「りゅう座流星群」
2019年12月の天体ショー 「ふたご座流星群」
2020年1月の天体ショー 「しぶんぎ座流星群」

オリオン座 ベテルギウスの超新星爆発!!太陽が2つに…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加